東隆社

HOME» 東隆社 »東隆社-総合広告代理店

東隆社

東隆社-総合広告代理店


 
 
 
 人にそれぞれ個性があり、顔があるように企業にも個性と顔があります。
 国際文化都市の横浜や横須賀を主な営業エリアとする広告代理店・東隆社は、21世紀を迎え、大きく飛躍しております。
昭和52年1月の創業以来(平成8年4月に株式会社に組織変更)県紙、神奈川新聞の広告取扱指定業者となり今日に至っております。
 紙媒体のみならず、マスメディアとして、情報化社会に不可欠のテレビやラジオ等の媒体にも積極的に進出し、営業活動の場を広げております。
 特筆すべきは、創業と同時に女性の活躍の時代到来を予測し地域密着型の生活情報紙「はまかぜ」を創刊し、昭和62年5月に「はまかぜ新聞社」として独立させ、現在(平成27年1月時迄)では総発行部数86.8万部のフリーペーパーを広告媒体として、企業の営業案内やPR、商品の販促には、クライアントからの絶大なる信頼と実績を上げるまでになっております。
 又、イベントや催事の企画、設営・運営にも独自のスタンスを築き上げ、積極的に取り組んでおります。
 フットワークよく、よリスピーディーに、そしてクリ工イティブな発想とアイデア、プランニングで、クライアントが求めるものを的確につかみ、広告作りに反映し、提供しております。
みなとみらい21地区のおひざもと、国際都市として益々21世紀の飛躍を期待されている横浜・横須賀で、東隆社は総合広告代理業として地域に根ざした広告づくりを日々心がけ、精進を続けてまいります。
2014/04/25