編集部からのおしらせ

HOME» 編集部からのおしらせ »三浦海岸桜まつり

編集部からのおしらせ

三浦海岸桜まつり

第15回三浦海岸桜まつり

 三浦海岸駅前から小松ヶ池周辺に咲く、河津桜を多くの人に楽しんでもらおうと毎年開催されている三浦海岸桜まつり。ソメイヨシノよりピンクの色が濃く花が大きく、花期も長い河津桜。今年は2月11日(土)から3月12日(日)まで開かれる。
平成12年に町おこしの一環として桜の咲く里づくりがスタート。伊豆の河津町から移植された河津桜が三浦海岸駅から小松ヶ池公園までの線路沿い約1㌔に渡り約1000本植えられ、毎年多くの人を魅了している。足元には菜の花も咲き、ピンクと黄色のコントラストも愛らしい雰囲気。
「今年は例年に比べて開花が早いです。開花状況は三浦市観光協会フェイスブック等でも随時更新しています。ぜひ、2回・3回とお越しいただけたら」と、担当者。
期間中は三浦海岸駅前で地元の新鮮な野菜や大根焼酎、桜まつり限定の桜どらやきなど、三浦の特産品も販売される。17時から21時までは駅前の河津桜が幻想的にライトアップもされ、終日楽しめそう。
*問い合わせ:(一社)三浦市観光協会
TEL.046(888)0588


 
2017/02/03