編集部からのおしらせ

HOME» 編集部からのおしらせ »田浦梅林

編集部からのおしらせ

田浦梅林



田浦梅林まつり

 
春の訪れを告げる梅の花。三浦半島の梅の名所といえば、横須賀市田浦の「田浦梅林」。「青軸」「白加賀」など、約2000本のほか足元には水仙約7500株が咲き誇る。
  「梅林まつり」は2月11日(土)から3月12日(日)まで。会期中の2月26日(日)は田浦小学校体育館で田浦観光協会主催の生花、和凧、写真、俳句の展示会が開催されるほか、田浦梅の里内で売店も出店(2月26日と3月5日のみ・雨天中止)。
「かながわ花の名所100選」に選定される梅林は昭和9年、現在の天皇陛下のご誕生を記念して開園。ここで採れた梅の実は『梅わいん』『梅りきゅーる』として市内酒販売店で販売されている。東京湾が一望できる丘の上からは、晴れていればスカイツリーを望むことも。アスレチック遊具もあり、家族連れで楽しめる人気スポットだ。
※京急田浦駅から安浦2丁目行き、JR田浦駅行きのバスに乗り、「田浦郵便局」で下車。徒歩約20分。JR田浦駅から徒歩約25分。
*問い合わせ:田浦観光協会
TEL.046(861)4181
2017/02/03