WEB版はまかぜ新着情報

2019.10.07

アートの街へ出かけよう 「黄金町バザール」

アートの街へ出かけよう
「黄金町バザール」

街を舞台としたアートフェスティバル

8カ国15組のアーティストによる作品が展示

11月4日(月・祝)まで、京急線「日ノ出町駅」から「黄金町駅」間の高架下スタジオを中心に8カ国15組のアーティストによる作品が展示される。街を舞台としたアートフェスティバルだ。

◎アートによる街の再生

 違法店舗が乱立していた地域環境を変えるべく住民が立ち上がり、2003年に「初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会」が発足。行政、警察等とも連携し2005年から県警による24時間の警戒体制が始まり、違法店舗は閉店していった。だが街から人が消えゴーストタウンに。街の再生のため地域住民、行政と共に、2008年から毎年、黄金町バザールを開催し、アートによる街づくりを展開している。

◎アーティスト紹介

 アーティストは国内外から黄金町に来て、滞在しながら作品を制作する。ライスペーパーに描く絵を発表するのはインドの作家、シジ・クリシュナン。天草ミオは透明なフィルムに人物を描き大岡川の上に吊るす。日本在住のアメリカ人作家レイモンド・ホラチェックは、日ノ出湧水にプロジェクションマッピングで作品を映し出す。何もない広場に人工の泉を創るのは4人組のクリエイティブユニット、ニワニワパラダイス。葉栗翠は動物のいない動物園を描く。

 黄金町バザール開催期間中は、週末を中心に多くのイベントが実施される。展覧会や街について案内するガイドツアーやワークショップ、トークイベントなど、多彩なプログラムが行われる。

(詳細枠)

「黄金町バザール2019-ニュー・メナジェリー」

会場:京急線日ノ出町駅~黄金町駅間の高架下スタジオ、周辺のスタジオ、屋外ほか(日ノ出町駅、黄金町駅下車徒歩3分)

開場:11時~18時(毎週土曜と11/3(日)は20時まで)

休場:月曜(祝日の場合は翌火曜)

チケット:700円(会期中有効のフリーパス)日ノ出スタジオとTinys Lab Koganechoで購入でき、会場を回るのに便利な地図を配布している。

問合せ:特定非営利活動法人黄金町エリアマネジメントセンター

TEL.045(261)5467    

メールinfo@koganecho.net

お問い合わせ▼アトリエみずの絵
☎045(232)4316

  • 過去の黄金町バザール開催風景と、街に展示された作品